ハワイのスパ情報

ハワイの言葉

ハワイへ旅行に行く際に「日本語が通じる」と考えて何もしない方や、一生懸命英語を勉強する方はよく見掛けますが、ハワイ語を勉強している方を見た事がありません。

もちろんハワイの公用語は英語ですが、現在でもハワイ語を使っている方は多くいます。

一般的に"Aloha"「アロハ」=「こんにちは」という意味だと考えられますが、ハワイ語には一つの言葉に複数の意味を持つ事が多々あります。

例えばこの"Aloha"「アロハ」には「こんにちは」の他に「ありがとう」という意味もあります。

しかし、現地の方は「ありがとう」と言う際に"Mahalo"「マハロ」という言葉を使う方が多いのでハワイ語は私達が思っているよりも長い歴史を持っていて複雑なのです。

そこで、今回は旅行先で使えるちょっとしたハワイ語をご紹介します。

"Aloha"「アロハ」=こんにちは

"Mahalo"「マハロ」=ありがとう

"Kahakai"「カハカイ」=浜辺

"Kai"「カイ」=海

"Ono"「オノ」=美味しい

"Kepani"「ケパニ」=日本人

これらを知っておけば自分が日本人で海へ行きたい事を伝えることくらいは出来るでしょう。

ハワイ語とは元々口頭で教えられる言葉で文字など存在しなかったため、音の通りに単語にされたので日本のローマ字とほとんど同じです。

おすすめハワイみやげ

ハワイに訪れた方の最終日にやることといえばおみやげ選びではないでしょうか。
観光やショッピングの際に自分へのおみやげはたくさん買っていても、
職場や近所の方などへ配るおみやげというのは最後まで後回しになってしまうことが多いですよね。
友達へのちょっとおしゃれなばらまきみやげや大人数へのおみやげなど、
最近人気のハワイみやげについてご紹介します。

・フルーツ・バー
お菓子はおみやげの定番。
フルーティーなクッキーのようなケーキのような、しっとりとした味わいが人気です。
キーライムやリリコイなど、日本ではちょっと珍しいフレーバーがおすすめ。

・アイランド・フラ・ハニーズの雑貨
ハワイらしい南国ムードあふれるイラストがかわいらしいアイランド・フラ・ハニーズの雑貨たち。
メモパッドなど、すぐに使えるアイテムが多いため女性が多い職場にぴったりです。

・クランベリー・クリスプス
クランベリーのラスクのようなさくさくしたお菓子です。
ナッツもたっぷりで食べ始めたら止まらないはず。

ハワイの偉大なる山ダイヤモンドヘッド

ハワイによく行くけど、ダイヤモンドヘッドには登ったことがない、
いつも遠くから見ているだけなんて方多いのではないでしょうか?

ダイヤモンドヘッドは、40分くらいで登れる低山なので
小さいお子さんでも上りやすい山です。その高さわずか200m!!

最近では、家族で登る人だけではなく、女性のグループも多くみられます。
山ガールブームは、ハワイにもやってきていました。

人工物が多くありトレイルも整備されているのは、この山が、
かつて軍の統治下にあったことによるものです。
1943年までに5つの大砲が作られました。

頂上の雰囲気は賛否両論。殺伐としすぎていてなんだか笑いすら込み上げてきます。
はげ山という表現が思い浮かびます。

ハワイのアツい気候の中の登山はさすがに、
キツイものがありますので早朝に行かれることをおすすめいたします。
ツアーが組まれていることも多く、朝一のアクティビティにはぴったしです。
朝が遅いハワイでの時間の有効活用です。


ダイヤモンドヘッド帰りにロミロミのスパ体験なんてのも素敵です。